2007年06月05日

市役所13階から7階へご案内。

 今日の市議会の一般質問では「風力発電」をはじめて取り上げました。議会傍聴初体験をされた方が多く、有り難く思いました。また、ティーズの議会中継をご覧下さった方からは、豊橋のこども施策について、早速メールを頂きました。皆さんと議会が近づくことで、市政への関心が高まることを願っています。
 3月議会の後、選挙をはさんで市民の皆さんから届いた切実な声を質問にまとめた6月議会。午後からの登壇のため、お昼休みは地下駐車場の車の中で、朗読原稿の調整、資料確認、時間を計りつつ読み合わせ(+朝食も)。今回はことに第一問目の内容を重くしたため15分以内におさめることが困難。それでもと、登壇直前まで、原稿に手を入れ続けました。
 私の質問が終わった後も、引き続き最後まで傍聴下さったお二人の女性の方(80代と70代)を、13階展望レストランと7階の控え室にご案内しました。豊橋公園の緑と豊川の流れ、街並みを楽しみ、農薬の問題や、風車の事など、質問項目についての感想も聞かせて頂きました。お二人とも現役のドライバー。今日は渥美線と市内電車を乗り継いで市役所にいらっしゃいましたが、毎日の暮らしに車なしではねぇ…とお元気いっぱいです。
 小学生の市役所探検のように、子連れの方や高齢者の方を対象にした「毎月1回の市役所ツアー」も<協働のまちづくり>には必要だなと思いました。市役所には「お楽しみ」がいっぱいあります。ロビーコンサート、写真展、講演会など、もっと多様な市民の方が参加されるきっかけになると思います。もちろん、市民の皆さんのお世話は、職員と市民ボランティアによる協働でなくっちゃと思います。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年05月22日

キリン福祉財団助成金贈呈式

S2Lc? 012.jpg S1Lc? 007.jpg
 5月21日(月)10時から南栄ふれあいセンターにて、キリン福祉財団からまどか文庫が布絵本作りを計画していることに対して、助成金を頂くことになり、東京と名古屋から、はるばる豊橋へと、お出かけ下さって贈呈式が行われました。(キリン福祉財団事業課長阿部福子さん、キリンビール(株)三河支社長福原哲郎さん、担当部長糸島稔和さん)
 「世界のバリアフリー絵本展in豊橋2004」(国際児童図書評議会などの企画)を豊橋駅前都心活性課ビルとあいトピアで開催(実行委員会に参加)した際、布絵本を作るグループ「ぐるんぱ」の皆さんとの出会いもあって、布絵本を作る機会をと願い続けてきました。3年待ったかいがありました。私たちの夢が実現することになったのです。
 「キリン福祉財団」の情報は、オレンジプラザ(当時はボランティア情報センター)でゲットしました。さっそく応募。全国から518団体集まり、130団体に総額3,000万円贈呈されることになり、愛知県内4団体のなかにまどか文庫が選ばれるという幸運に恵まれたのです。
 「…キリン福祉財団の選考委員会において 皆様の活動が、地域・子育て・ボランティアのキーワードに合致し、その内容が、乳幼児・障害児・妊婦のための読み聞かせ・絵本講座等の幅広い活動であり、ユニークな布絵本作りを中心に、実績に裏打ちされた長年にわたる地道な取り組みとして 高く評価され 助成が決定しました…」との、励ましの言葉と共に、公募助成金目録を頂きました。私は温かい気持ちでいっぱいになりました。
 私が初めて布絵本&おもちゃに出会ったのは、桑名のやまばと文庫・山本さんの作品です。さっそくまどか文庫でも、1988年に「ケセラセラ」と名付けた布おもちゃ作りの会を始めました。東京のすずらん文庫・渡辺順子さんを講師に招いて布絵本を学び、まんまの会や図書館まつりなどでも、布絵本を使って、お話会を開いてきました。
 いよいよ今年は絵本作りが始まります。順次計画を発表します。是非、ご参加をお待ちしています。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年05月20日

映画「ロストロポーヴィッチ人生の祭典」

 アレクサンドル・ソクーロフ監督作品「ロストロポーヴィッチ人生の祭典」〜80歳記念ドキュメンタリー〜を名古屋シネマテークで観る機会に恵まれました。映画館では、”20世紀の最も偉大なチェリスト”への追悼文が掲げられてありました。
 2005年5月15日モスクワ・メトロポールでのロストロポーヴィッチ&ヴィシネフスカヤ結婚50周年式典のひとつの「祭典」を主軸にしながら、ふたりの出会い、出生、チェリストとオペラ歌手の「生活」が、ソクーロフ監督によって、映像とインタービュー、ナレーションによってつなぎ止められていく。ついに、永遠の時間にと留まることになったロストロポーヴィッチの生涯は、この映画によって、繰り返し、これからの私たちの時間と共にすることになる。
 印象に残ったシーンは、ヴィシネフスカヤが亡くした息子のことを聞かれた時と、金婚式で2人の娘を探す時のまなざし。ナレーションは「幼児から財産と愛に恵まれていた。それで娘がかならず幸せになるかはわからない」とある。
 幸せ・・・。1970年、ソルジェニーツィンのノーベル文学賞授与後の1974年強制国外退去処分と、彼をかくまった事により、ふたりが亡命することになったことは、私たちの記憶に新しい。
 私が一番気に入ったヴィシネフスカヤは、20年余の亡命のあとに帰国し56歳で引退後、後進の声楽家を指導しているシーンで、毅然として、「女王」であり続けるところ。
巨匠、天才と称される音楽家夫婦が、私たちのこんなに身近に感じられるのはなぜだろうか。お茶目なロストロポーヴィッチと、何事にも微動せず生き続けてきたと思われるヴィシネフスカヤを、私たちの前で、語らせた、監督の存在を改めて思う。
 映画の終わりでヴィシネフスカヤは、「他人の死には恐怖を感じる」「死語の永遠の生があってこの世のすべては過ぎ去るんです」と答えている。ロストロポーヴィッチの「命」を重ねて考えてしまった。
 が、最後のシーンで、おおいに救われることになった。ヴィシネフスカヤはカメラに向かってほほえんでいる。演技者としても活躍している彼女の、私たちへの贈り物として、私は彼女のえがおを、ほっとする気持と共に受け取った。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年05月11日

栄小学校あいさつ運動


5月10日。ハロー・マイフレンド!栄小の朝のあいさつ運動。東栄町老人クラブ栄楽会が担当の日でした。7時45分から8時10分まで。東側の校門前は、南部中学生が通ります。先生方は成長した栄小卒業生との出会いの場ともなります。ほとんどの中学生が、挨拶を交わしていきます。小学生の列からは、元気な声が飛んできます。今日は天候不順のため、予定されていた遠足が中止。諦めきれない子ども達から「なんでぇ」と、先生方に何度も質問がありました。30分に満たない時間のあいさつ交流で、嬉しい発見や出会いもいっぱいありました。そのなかからひとつ、校門前の、まっさかりのお花をご紹介します。小学校に到着した子ども達を、一番に迎えるこのお花の種類の豊かなこと。(写真をクリックすれば、拡大画面となります。)
 ここに到着する前に、子ども達は南部中学校の花壇の側を通ってきます。そこでは、まもなく、夏の花が定植されることでしょう。毎年見事なひまわりを、私も楽しませて頂いています。
 花が咲き、あいさつが行き交う街こそ、安心・安全のまちの印。監視カメラに依存する街づくりでは、人と人の心が断たれ、人は不安になり、人を疑う力ばかりが育つことになると危惧します。
 老人クラブ入会後、初めての活動に参加させて頂き、30年間住んだ街が、また、身近になりました。街のシニアの一人として、街づくり提案のヒントを、実践を通して、仲間の皆さんから頂いていきたいと思います。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年05月09日

アンネのバラが咲き始めました。

アンネのバラと 一気に夏モード。新緑が例年になく、涼しげに感じられます。
 南栄ふれあいセンターでは、アンネのバラが見頃です。
 (写真をクリックすると拡大されます。)



<5月の市議会>についてご報告します。
2日(水)
全議員と市長・部長との初会合(自己紹介)
8日(火)
全員協議会。5月議会の運営方法を世話人会に一任。
議席、控え室の部屋割りなどが決まり、とよはし市民会議控え室には、新しく無所属の方がルームメイトに。
9日(水)午後2時〜3時半
「豊橋市安全で安心なまちづくり審議会」を傍聴。
10名の委員(うち、女性委員4名)さんは、防犯、更生保護、自治連合会、商工会議所、警察署、青少年育成会議、自主防犯活動団体(校区パトロール、青パト)の推薦により市長が委嘱。
 本年4月施行「豊橋市安全で安心なまちづくり推進条例」をもとに平成19年度審議会への諮問は、防犯行動計画策定が中心です。
資料:愛知県の資料が豊富でした。
   警察本部の情報「刑法犯・街頭犯罪等の認知・検挙状況」
   「愛知県安全なまちづくり条例」「あいち地域安全緊急3か年戦略」
   「あいち地域安全県民行動計画」

●審議会の委員の皆さんにお勧めの一冊●
「子どもが出会う犯罪と暴力」防犯対策の幻想<NHK出版>森田ゆり著

●審議会「豊橋市市民協働推進審議会」お知らせ●
       <傍聴できます。>
10日(木)午後1時半〜3時 市役所東館4階政策会議室


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年04月26日

当選証書を頂きました。

当選証書
 4月25日水曜日。市職員、議員の仲間の皆さんが、あたたかく迎えて下さり、いよいよ私の4期目のスタートです。市役所13階で、当選証書を頂きました。「ありがとうございます」と、答えつつ、受け取りました。嬉しさで、自然にほおがゆるみます。「のりこ」へ投票してくださった2664名の皆さんのことを忘れず、これからの4年間、豊橋市全体の問題に取り組みます。選挙後にと約束していた、南部農村地域の産廃問題、栄校区の住宅地の問題の現場へさっそく出かけます。
 4回目の選挙を通して、私を議会へと押し出してくださった市民の皆さんの「存在」を実感しています。それはまた、私自身が、はじめて「市民派議員」として誕生させて頂いたことにも重なります。
 雨の中の登庁。12年前の初当選の初日も、雨でした。新緑が鮮やかに目に映ります。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年04月23日

有り難うございました。

皆様のご支持を頂き、4期目の活動を始めることができますことに、心より感謝申し上げます。

去る4月22日の豊橋市議選において、「渡辺のりこ」に投票下さった2,664票は、私の今までの選挙のなかで一番重く、意義深い「票」となりました。

3期12年、豊橋市における、無党派・市民派議員のりこの活動に対するご信任を、真摯に受け止め、明日に向け、今日からの活動を立て直すべく準備に入りました。
今まで以上に、もっともっと、市民の皆様との直接の出会いを大切に致します!

今回の選挙の前に、友人から頂いたメッセージを読み返しています。
「男性中心の政治に風穴をあけ、地域住民主体の政治を期待します!とよはし市民会議(無党派・一人会派)の火を消さないように!」

40人の議員の、38番目に、踏みとどまることができました。
「とよはし市民会議」の火を灯し続けることができます。
本当に有り難うございました。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年04月10日

1週間を切りました

■4月9日(月)県議選の結果がでました。いよいよ市議選の告示まで1週間を切りました。南栄駅すぐ東へ、徒歩1分、渡辺のりこ後援会事務所は日ごとに賑やかになってきました。514カ所にポスターを貼って下さるボランティアの皆さんは40名を超えます。そのポスターを引き取りに訪れて下さる皆さんとお話ししながら、「4度目の挑戦」に向けた気持がどんどん高まって行くのを覚えます。
■のりこ事務所・南栄ふれあいセンターは花盛り
春の花が満開です。皆さんが立ち止まって楽しんで下さいます。
渥美半島の先端から届けて頂く一足早い春の花を、皆様もどうぞお楽しみ下さい。

□とよはし市民会議主催 市政を語る会

第6回
4月10日(火)「身近に花を手軽にアレンジ」
生活家庭館 講師:中峯八重子さん  花代500円 

第7回
4月12日(木)「テディベアを作ってあそぼ〜」
まちかどステーション・南栄  講師:保坂美由紀さん
リサイクル布を使用。

お問い合せ先:とよはし市民会議事務所(渡辺則子)
 〒441-8108 豊橋市町畑町森田38-72 南栄ふれあいセンター内
  電話&ファクス:0532−48−1203


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年04月09日

ようこそ!のりこ後援会事務所へ!

070410_3.jpg 070410_2.jpg
070410_1.jpg
 南栄ふれあいセンターを、のりこ後援会事務所として模様替えしました。今日の東日新聞には、後援会事務所開設のご案内が掲載され、さっそく新聞を見た方が訪問下さいました。事務所の前を通る方も、みなさん、にこにこ「お花がきれいですね」と、声をかけて下さいます。ここはまた、とよはし市民会議事務所として11年近く、地域活動のセンターの役割を果たしてきました。99年、03年に続いて、ここで事務所を開設するのは三度目です。もと、美容室「ピンクギャング」の名の通り、屋根までピンクの「ちいさいおうち」です。駐車場も近所でお借りすることができました。
■電車でお越し下されば、一番確実です。渥美線南栄駅下車。
踏切を渡って東へ徒歩1分。商店街通りの左側です。
■駐車場は、事務所裏(北側)に2台、事務所の北側の道一本はさんだ角の駐車場に3台(No.2,5,7)、そのお隣のお宅の庭に5台分ありますので、ご利用下さい。
■事務所の様子をご紹介します。
ある日の全員集合写真/室内も花に囲まれ、テディベアも、ぐりとぐらも、新参の「バニ〜ラ」も、連日の活動を見守っています!/強力な助っ人サニーさん、渥美半島から!



▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

桜の花の下で〜喜んで!〜

sSDSh 006.jpg sS^ 006.jpg 
今年の桜は、暖冬の後に続いた寒の戻りで、きりりと引き締まった花を咲かせているようです。枝の先までびっしりと花が付き、色合いもよく、新緑の芽吹きともつながって、街路樹や公園を巡る楽しみが倍増します。
 3月議会終了後も、私はパソコンの前で、文書作成などの事務的な作業が先日まで続きました。それでも、4日には、栄小学校、5日には南部中学校の入学式に参加。7日には、自転車で近隣の校区の皆さんにご挨拶にお伺いすることができました。8日夕には南部方面の山寺のお花見、そして、夜は、畑の中でぼんぼりに浮かぶ見事な桜(裸電球の美しかったこと!)の下の賑わいにお招き頂きました。夜桜を堪能する人々の、賑やかで、晴れやかで、楽しげな声が、今も心地良く耳に残っています。
 桜を写真に納めたいと、通りががりの公園で遊ぶ小学生の2人の男の子に声をかけ、シャッターを切って欲しいとお願いしました。2人は、ぶらんこから降り、「喜んで!」と言いながら、にこにこ近づいてきました。
 喜んでいたします!とは、なんて素敵な言葉でしょう!知らない人には声をかけない、近づかないなどが、「安心・安全の街づくりのかけ声」になるなんてと寂しく思っていたところでした。
 さあ、シャッターとなったとたん、カメラのメモリカードをパソコンに残したままと気づきました。申し訳なく思い、桜の下で、ワンフレーズ英語レッスンとなりました。
 「喜んで!」を英語では ”With pleasure!”



▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

「て〜ぶる25号」新聞折り込みします。

.jpg
3月市議会報告「て〜ぶる25号」を10日火曜日、新聞折り込みいたします。お手元に届かない方、ご連絡下さい。お送りします。まもなく、ネット上で、ご覧いただけるようにいたします。
 とよはし市民会議・渡辺則子の一般質問、予算委員会質疑、裏面は特集「たばこ」について、まとめました。ワープロ感覚のままで、ワードで編集しました。皆さんからのご意見をお待ちしています。

■写真:カナダでは、タバコの害についての情報がたばこパッケージにきちんと書かれています。実際のパッケージを入手しましたのでご覧下さい。「タバコ」(大月書店)によれば、建物内ではすべて禁煙のため、零下30度の冬でもタバコは外で吸わなければならないとあります。
■画面上をクリックして下さい。拡大画面をご覧いただけます。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年04月04日

「て〜ぶる」一日遅れて印刷所へ

 3月議会が終わって1週間。新聞折り込み議会報告「て〜ぶる25号」編集を終え、4月3日朝、原稿を印刷所へ。今回も多くの方に原稿のチェックからレイアウトへの助言までお世話になりました。政務調査費を使っての発行ですから、市民の皆さんにわかりやすい表現をこころがけ、とよはし市民会議の主張を明確に伝える必要があります。
 予定より入稿が一日遅れました。このところ、たばこの煙付き会合に参加したあと、のどを痛めたことが気になっていたところへ、セキと寒気が加わり、すわ大事と、編集作業を中断。
 夕食に味噌煮込みうどん、寝る前に里芋湿布、プロポリス入りのどあめ、葛根湯、朝方には、ネギ味噌湯を飲んで、眠りに眠ったお陰で、朝はすっきりと目覚めました。やれやれです。
 ときおり事務所の外を、街宣車が通ります。県議選は10日間、市議選は7日間の闘い。一番大切な「健康管理」。黒豆煮汁でのどを守り、穀類をしっかり食べて体のバランスを保ち、塩番茶でうがいして・・・・と、事務所を訪問下さる方々からアドバイスも受けました。風邪よけのためのみかんも、まだ十分あります。お茶も大きな効果があると、学んだばかりです。4月22日に向けて、提出書類の準備はほぼ整い、いよいよこれからは、健康管理が最重要課題となってきました。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年04月01日

4月の準備が進み始めました。

070331.jpg
 3月31日(土)晴れのち曇り
 選挙用にと届いていた靴をおろしました。えんじ色の運動靴です。朝一番には近所の美容室でショートカット。午後は、お誘いを頂いていたグループの皆さんがお花見中の公園へご挨拶に。公園を歩いて桜の花を楽しみながら、お花見中の皆さんにも、リーフレットを手渡し、お話することができました。帰途、立ち寄った店で、ぴったりサイズの「必勝服」が見つかりました。これでいつでもどこへでも、ダッシュできます。 
 入力を済ませた「てーぶる25号」の原稿のチェックを昨日は早速4名の方にお願いしました。今日と明日、3名の方のチェックを受けて、最終訂正後、月曜日に印刷所へ。4月7日前後には新聞折り込みの予定です。
 明日から1ヶ月間、事務所の仕事を手伝って下さる方3名(愛称「サニー」「ミルキー」「ミキティ」)をお迎えしました。田原&渥美「のりこクラブ」の皆さんのご厚意による「派遣」です。事務所の雰囲気が一気に選挙モードに変わりました。
 今日ご紹介するお花は、事務所の玄関の左手側のお花です。
私の大好きなアメリカンブルーも、風に揺れています。



▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年03月30日

ボランティア選挙始まる。

070330_3.jpg 3月30日(金)桜が咲き始めました。
 毎朝、出勤前に寄って、日めくりを確認してくれるま〜くんのお陰で、事務所のカレンダーはピタリと「今日」です。4月まであと一日!さぁ大変。でも、まだ、まだ今日を加えれば二日あるジャンと言いあいつつ、街宣車から県議選候補者の声が聞こえてくると、もうみんなそわそわ。事務所は一気に選挙モードです。
 このところ毎日、事務所へ「選挙用はがき」を届けて下さる方々が続いています。今日はまた、「ポスター、今まで貼ったことがないので、一度ボランティアしてみたいのですが」と、有り難いお申し出を受けました。
 県議選ポスター板の隣に、市議選のポスター板も立ち始めました。4月15日午前9時頃には、市内の514カ所のポスター板に、一斉に貼り出されることになります。40名を超えるボランティアの皆さんのお力をお借りしての、選挙初日の大仕事。準備段階でのお願いと確認の電話かけは私の仕事です。
 昨年植え込んだチューリップも北側の駐車場で出番を待っています。急に暖かくなったので、開花が進みそうです。
 3月議会後に入力を始めた議会報告「て〜ぶる25号」も、大騒動しながら、今日お昼に、形になりました。印刷・発行・新聞折り込みは4月の第1週末になりそうです。
 午後、私は市役所で政務調査費の書類を提出。お世話になった職員の皆さんにご挨拶して、明日、3月最後の日を迎える心の準備ができました。いよいよ市議選まで2週間となります。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年03月29日

どっとさん2期生、最終日。

070330.jpg 070330_2.jpg
 3月29日。今日はどっどさん2期生のおふたりの、最後の活動日。2月に始まった今回の議員インターン受け入れは、あっという間に過ぎました。
 短かったはずです。県知事選挙の取り組みに始まり、市議選の準備をはさんで、3月議会日程がびっしりの2ヶ月間でしたから。熱心に予算委員会の傍聴を初め、地域活動に参加して頂きました。20代のお二人が事務所に来て下さるだけでも、事務所は華やぎました。一生懸命吸収しようと務めて下さる姿は、だれの目にも新鮮でした。笑顔のすてきなおふたりは、自分の考えを伝えること、まとめること、広げることに、とても一生懸命でした。ご一緒した40代、50代、60代の私達も、自分の生き方を問われるたびに、真剣に考え、答えるように務めました。
 お二人の日記は、近いうちに「どっどさん」の特設コラムに掲載予定です。どうぞお楽しみにお待ち下さい。
 今日は朝10時から、事務所の仕事を手伝って頂きました。お昼はみんなで丸テ〜ブルを囲んで、分け合って頂き、その後もポスティングや発送作業と息つく間無し。4時過ぎに市役所へ。お世話になった議会事務局の皆さんにまずお礼のご挨拶。その後12階から順に下へ降りて、「特に印象に残った、またはお世話になった職員の皆さん」にご挨拶。短い時間にもかかわらず、多くの職員の皆さんとの交流が生まれていたことを再確認しました。
 「どっどさん3期生をこの夏、受け入れますか?」との問いに、「その前に、まず、議員になっていなくっちゃね」と私は答弁。「豊橋を知ってもらうためにも、是非、どっどさん3期生を受け入れて下さい」「渡辺議員が忙しくて、会議に出られない場合は、私たちが渡辺議員のことを、次の学生にしっかり伝えます」とまで。なんて有り難いことでしょう。
 私たちの問題点を、お二人の前では、すべてオープンにして、さまざまな場面を通して、現実を見て頂くこともできました。お二人の目から見た感想や考えは、世代を超えるからこそ、お互いに生かすことができると思いました。これからも、折々に、お互いの活動の交流を願っています。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年03月28日

12年間の議会活動の最後の日

3月28日(水)午後、
7階のとよはし市民会議控え室から、いつもより早めに8階の議場に向かって、歩き出しました。誰もいない廊下と階段を、一歩一歩、踏みしめて歩きました。
12年前の初登壇の時、「のりこさん、胸を張って行きなさい。議会では一人でも、あなたを押(推)した、3000人の市民があなたの後ろにいることを、忘れず!誇りを持って!」と励まして下さった市民の皆さんのことを、一日とも忘れたことはありません。
豊橋市新年度予算が議会を通り、3月1日から1ヶ月近く続いた予算審査議会が終了しました。同時に、私の12年間の議会活動の最後の日を迎えました。(議員としての任期は4月末まで)
一般質問と、議会最終日の討論でも私は最後に登壇しました。
質問と改選に向けた準備に毎日全力投入し、時間との格闘の3月が終わりました。12年間の皆様のお支えに、心より、感謝申し上げます。
これからの毎日の時間は、私の選挙のためだけに、存分、使えることになりました。
改選に向けて、全力疾走の始まりです。
大変お待たせ致しました。皆さんのお近くへお伺いします。
私のまちづくりの夢を聞いて下さい!皆さんのお考えを聞かせて下さい!
4年に一度の、大切な選挙。
私は皆さんとの「新しい出会い」が楽しみです。
私自身が、新しい自分を発見する時でもあります。
どうぞ、皆さんのお近くへ私をお呼び下さい。
とよはし市民会議主催の市政を語る会は、4月以降も継続します。
皆さまのお出かけを心よりお待ちしています。(お子様連れも参加OK。)とよはし市民会議の主テーマにそった、ゲストのお話をどうぞお楽しみに。

<第3回>「健康」
「健康を創出する女性たち」
4月1日(日)13:30〜15:00 生活家庭館
ゲスト:
後藤紀生子さん(ごとう製茶)「飲んで良し 食べてなお良しお茶レシピ」
 渡辺布美子さん(赤岩病院歯科衛生士)「『歯』と『はっはは』で元気いっぱい」

<第4回>「環境」
「環境ネットワークと女性の力〜フェロシルト&産廃焼却炉〜」
4月5日(木)13:30〜15:00  二川地区市民館
ゲスト:吉川三津子さん(ダイオキシン・処分場問題愛知ネットワーク代表)

<第5回>「障がい者福祉」「子育て」「教育」
「バリアフリー教育〜藤井家の場合〜」
4月8日(日)13:30〜15:00  生活家庭館
ゲスト:藤井祐子さん(マッサージ師)&藤井元紀君

<第6回>は「お花」がテーマの「市政を語る会」です。
どうぞお楽しみに。

お問い合せ先:とよはし市民会議事務所(渡辺則子)
〒441-8108 豊橋市町畑町森田38-72 南栄ふれあいセンター内
  電話&ファクス:0532−48−1203


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年03月21日

白とオレンジに護られています。

 気温が不揃いのこの頃。まだまだ寒い日が続くので、風邪に気をつけてと、Yさんが届けて下さった白い上着はカシミヤの軽さが気に入りました。Yさんはセンスの良さを生かして、リサイクルショップから、いろいろと見つけてきて下さるのです。私は大変重宝しています。
 12年前の初選挙の時に購入した紺色のスラックススーツは今も定番(なんと95&99年の選挙ポスターで2回登場)ですが、時代が変わり、こうして気軽に「着替えごっこ」ができることも、楽しいです。
 12年前、95年の初めての選挙は、準備期間なしに、すぐ本番でした。リーフレット用の写真が必要となり、着慣れたオレンジ地の花柄ブラウスでカメラの前に立ちました。
 24才のとき、豪州へ向けて日本を離れる時に選んだワンピース生地(当時はまだ、今ほど出来合いの洋服が少なく仕立てが主流でした)も、地色がオレンジでした。
 新しい挑戦の時、私は無意識に「オレンジ色」を選んでいるようです。振り返ってみると、議員活動を通して、私の大好きな色が、紺、白から、ピンク、グレーそして、ベージュ、オレンジと広がりました。今度のポスターでは、どっしりしたオレンジ色が使われています。




▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年03月18日

花いっぱい!のりこ事務所

 3月17日土曜日は、のりこ選挙事務所開きでした。晴れ渡ってはいましたが、寒さが残る日、事務所前には、6歳から91歳までの、50名を越すみなさんが集って下さり、あったかいスタートとなりました。ご近所の皆さんはじめ、市外から駆けつけて下さった方、ファクスで頂いたメッセージなどなど、これからの私達にとって、何よりの励ましとなります。有り難うございました。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年03月13日

選挙は大丈夫ですか?

 「議会のことはほどほどにして、選挙のことをやらなくていいのですか?」と、4年ごとに、3月は、どこからともなく、無言の視線を感じます。只今私は連日、予算審査に没頭しています。議会は3月28日まで続きます。議員として12回目を迎えた予算議会。今まで取り組んできた課題に、白黒つけたいし…。もうちょっとで着地するので、一押しの議論をして置きたいと、あれこれ思うことばっかりです。ことに焼却炉「ガス化溶融炉」問題は、私の議員活動のほとんどを占める大きなテーマ。これから15年のごみ処理の方向を決定する重大な予算が計上されています。「ガス化炉では、灯油を使用しないようにできるか?」「ストーカ式3号炉のメンテは金食いだけではないのか?」私の関心は高まる一方。今年と来年が正念場です。
 「あなたはスタンスが違うのだから」と、地域の方々は私の活動を遠くから、あったかく見ていて下さいます。それでも今年になってからは、ありったけの時間を紡ぎ出し、仲間の皆さんに助けられて、「ポスター」「葉書」「新&ミニ・リーフレット」の作成にこぎ着けました!3月2日に、全部刷り上がってきた時の嬉しかったこと!

■のりこ事務所開きを行います。■
17日土曜日、午前11時〜 南栄ふれあいセンターにて。
大竹広治さんのバイオリン演奏つきです。南栄駅から東へ歩いて1分。(駐車場はありません。)
■のりこと語る会<第1回>主催:とよはし市民会議■
3月17日(土)13時半〜15時 高師緑地公園内の生活家庭館
丸井澄子先生講演会「子どもが人として育つところでは、私たちもともに育つ」付きです。どうぞお出かけ下さい。お待ちしています。

●明日から選挙に向けての準備が一気に進むことになります。毎日使っている南栄ふれあいセンターの事務所の片づけは、まず、今夜、3月議会資料をまとめて、裏手の部屋に移動することから始まります。その後のことは、すべて事務所の皆さんにお任せして、私はまた、予算審査です。
●「選挙する」=「有権者の皆さん、ことに校区の皆さんへの挨拶回り」であると、選挙に強い「同僚議員」が語っています。様々な情報が、市民の皆さんからも届きます。もう3周目(!)つまり、同じお宅へ3回目のご挨拶に回っている人もいるとか。何回そのお宅へ足を運んだかが、つぎの「成功」につながるとか。一日に2度も来た人がいるとか。市民の皆さんとの「直接対話」はいつでも重要であることを、改めて感じます。
●後援会収支報告書や政務調査費の報告書作成も、仲間達の支えでほぼ済みつつあります。先日、立候補者説明会が市役所で行われたこともあり、「渡辺さん、選挙準備は大丈夫ですか?」と、とうとう、市役所で、職員の皆さんからも聞かれるようになりました。
●ミニ集会には、議会日の間を縫って、いつでも馳せ参じます。どうぞご連絡下さい。(電話0532-48-1203)
●先ほどは、校区内の老人会の会合へお誘いを頂きました。議会日程と重なりますので、のりこネットの仲間が代理でお伺いします。











▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2007年03月01日

3月議会が始まりました。

改選前の最後の議会です。

1995年から3期12年間、豊橋市の市議会議員とよはし市民会議(無党派・一人会派)の代表として市政に皆さんの声を届けてきました。
党や団体に属さない私を市議会へと送り出して下さった市民の皆さん、おひとり、おひとりの莫大なエネルギーに感謝します。
私に託された皆さんのまちづくりの夢を、視察・調査し、議会で発言するのは、本当に楽しいことです。
税金の使われ方が皆さんによく見えるように、情報公開につとめ、一層厳しくチェックしていきます。

1日は市長の「予算大綱説明」、7〜9日は代表&一般質問が行われます。私は9日(金)午後2時頃から登壇し、環境問題を中心に質問。(ガス化溶融炉5カ年の検証、フェロシルト問題) 予算特別委員会では、今年、市制101年目を迎えた豊橋市の予算全体を、全議員が12日〜23日の8日間かけて審査します。
長丁場の3月予算議会の、この12年で一番嬉しかったことは、10年ほど前、委員会が完全禁煙になったことです。自彊術(体操)の時間を朝夕15分確保して、3月&4月に備えます。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。