2015年02月21日

子どもは瞬時に記憶する!

2月20日(金)午前10時半〜11時半
 旧生活家庭館でまんまリズムの勉強会に参加しました。今日の講師は豊川市にある恵の実保育所の尾崎園長先生です。今日、一番心に残った言葉は、「子どもは瞬時に記憶し・まねをする」ことです。
    RIMG1186.JPG
 5月から私は子育て支援の地域活動に参加します。今日、講座に参加したことで、ゼロ歳からの子どもの成長発達の重要性に気づかせていただきました。そのために、もっともっと、現場の方々から話を聞きたいと思います。
  私の子育ては1977年(昭和52年)、豊橋市への転居と同時に長男出産で始まりました。育児不安を抱えて過ごす中で、朝日新聞の小さな記事「さくらんぼ坊や」(埼玉県深谷市さくらさくらんぼ保育園)の映画紹介記事の切り抜きが支えになりました。2年後に長女を出産。映画上映会を通して、グループ活動「子持ちししゃもの会」が始まりました。映画会の次は高師緑地公園で青空読書会です。
 当時近くにあった「さくらんぼ」系列の保育園は「もものき保育園」(岡崎市)と「たけのこ保育園」(島田市)でした。見学に出かけた園で「障害児の育つみちすじ」(川添邦俊著)に出会い、最初の読書会で読み合いました。私は、35年前の、ここに戻って、改めて、学び直したいと考えています。
            ◎ 胎児から始まる乳幼児期の発達を学び、
           子どもたちひとり一人に合わせた応援ができる仕組みを!
              そのために必要な「人」と「場所」を!
          総合的子育て支援の「乳幼児版」を提案して行きたいと考えています。
 
                 


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2015年02月19日

湖西市のごみ減量に学んできました。

2月18日(水)午後1時半〜2時45分
 豊橋市手作りコンポストマイスター・広川さんから「キエーロ」情報を頂き、湖西市ごみ減量課に伺いました。ご多忙の中、皆さまには大変お世話になりました。
RIMG1159.JPG
 木枠ケースに波版板のふたが付いています。畑に設置した枠内に土を入れ、生ごみを埋めて処理します。葉山町で学ばれた「キエーロ」を、担当課の皆様は、湖西市版に改良・手作りにこだわられました。そして、市民モニターの皆さんに、すでに300基も提供されているのです!
RIMG1162.JPG
 ごみ減量に向けた職員の皆さんから伝わる、熱い思い!ごみ減量のこのよいアイディアを実行したい、そのためには経費節減と取り組まれました。そして、粗大ごみの「たんすの引き出し」の底を抜き、桐の木枠に防腐剤を塗り、活用されることになったのです。ケースのふたの取っ手も、リユースです。先進事例に学ぶとは、こうした取り組みにつなげてこそ、市民に還元したことになると学びました。
RIMG1167.JPG
 豊橋市では「生ごみ分別」「バイオマス」「指定袋導入」を一気に進める計画です。これまでの「ごみ処理」手法の大転換です。私は「ごみ減量」を中心にして、新しい試みを組み立てることを考えています。ごみ処理費用、焼却炉の規模サイズダウンを見える数字で示すチャンスと考えます。
 現在計画が進む生ごみと下水汚泥によるメタン発酵の施設は、国内最大規模です。ガス化溶融炉200トン×2基も国内最大であったことを思い出します。とよはし市民会議は1997年以降、ガス化溶融炉建設反対の代案として模索を続け、行き着いたのは「生ごみ処理」でした。今回、生ごみ・下水汚泥のバイオマス活用によるメタン発酵施設計画の両方について、改めて正面から取り組むことになりました。
         ○「生ごみ」は、メタン発酵促進の重要な役割を持っています。
            必要な「生ごみ」の量をどこまで設定するのか?
         ○「電動式ごみ処理機」補助金は役割を終えたと考えます。
             生ごみを乾燥・減量⇒「燃えるごみ」のルートを
                 ストップすべきです。
         ○「ごみ減量」施策の推進⇒「生ごみ自家処理・堆肥化」事業支援
                豊橋市の「生ごみ」実態調査を通して、
                 生ごみの行方を把握した上で
             メタン発酵に必要な「生ごみ」量を示す時です。
                     ↓
              「ごみ減量」の取り組みにはずみがつきます!


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2015年02月14日

「かていかん」で元気です。

2月13日(金)午前
 高師緑地公園内の(旧)生活家庭館(正式には「高師緑地集会所」)の体育館で、乳幼児と一緒に過ごしました。外では雪が舞っていましたが、館内では、子どもたちはじっとしていません。ぐるぐるぐるぐる元気に走ったり、おっかけっこをしています。赤ちゃんは抱っこされて、みんなの様子を見ています。
 活動タイムは約1時間。ピアノに合わせて歌ったり、はだしになって走ったり、跳んだり。雑巾がけしたり、綱の上を歩いたり。絵本を楽しんだりと、あっという間でした。お母さんたちは最初は厚着でも、だんだん薄着になって。今日のような日、家に居たら、暖房なしには過ごないよねと、言いながら。
 この体育館は20〜30家族が参加して活動するのに、ちょうどよい広さです。床はひのきの集合材で、はだしでもあったかいです。暖房なしの体育館での活動もこれで2冬目。厳冬の最中でも参加者が増えていることからも、こうした全天候型の子育て支援施設が必要です。緑地公園内の施設であることが幸いして、冬は高い窓から光が射します。
RIMG0199.JPG (昨年の一番寒かった日)
 この体育館ではマイクを使わず、声が届く広さ=351u。乳幼児期の活動場所としてこれほどぴったりの場所は日本中で、ここが一番と思っています。アイプラザ豊橋にも体育館がありますが569uで約1.6倍と広く、体育館シューズが必要です。乳幼児がはだしで活動するには難があります。
          ここで育んできた乳幼児期の子育て互助活動は30年目。
             旧生活家庭館の使用期限は残りあと3年!
         私たちにとって、今後の活動場所の確保は、切実な問題です。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2015年02月08日

「日本は世界の漢方薬に!」池田香代子さんのメッセージ

2月8日(日)第12回あつみNPOの集いに出かけました。
 田原と渥美の皆さんにお目にかかり、リニューアルオープンした渥美図書館を訪ねることもできました。
池田香代子さんのお話「100人の村 わたしが生きる あなたと生きる」は、今日、私が聞くべくお話であったと思いました。是非一度はと、とても良いお話だからと、何人もの皆さんに薦めていただいていました。『世界がもし100人の村だったら』5冊シリーズ、『新・戦争のつくりかた』などをもとに、これから池田さんを追っかけて行くことにします。
 分かりやすい言葉で、ゆっくり、熱い思いを、静かに語り続けてくださいました。静かな言葉の力に何度も涙しながら聞きました。子どもたちの世界が目に見えるように伝わりました。今年になって、ことに「命」の問題が、連日、戦争につながりながら、日常化し始めています。事実を知ること、自分で判断すること、世界の状況から目をそらさないこと。一人ひとりの置かれた場で、できることをしましょうと、いろいろ、ヒントをいただきました。これから私も実行することにします。黙っていないで、声に出すことを続けます。
        暴力を無くすには、「衣」「食」「住」+教育+医療であること。
          世界で活躍する日本の力を「漢方薬」として、
           具体的な事例をもとに話されました。
             今日の最大の学びとなりました。
 集いの会場は、にぎわいながら、あちこちで交流が進む、暖かくて、とても配慮の行き届いた運営でした。
「希望」という言葉が、何度も聞かれました。とても新鮮でした。もっともっと私たちは、この時だからこそ、希望を語って行きたいと思います。あつみNPOネットワークの皆様、ありがとうございました。
 @平野さんが池田さんを紹介されました。
RIMG1101.JPG
 A会場は満員でした。
RIMG1103.JPG
 B音楽とともに池田さんの朗読
RIMG1110.JPG
 C田原渥美のごみ問題最新情報を聞きました。
RIMG1121.JPG
 D渥美・田原のまどか文庫の仲間の皆さんと
RIMG1115.JPG


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2015年02月04日

駅前「まちなか広場」PRしました。

2月4日(水)風のやさしい駅前で3時間
 午後2時から5時近くまで、日が長くなったこともあり、ついつい駅前で長居してしまいました。
はじめに二人でまちなか図書館倶楽部のちらしを配りました。私は途中から「てーぶる56号」を手渡ししました。皆さんが気持ちよく受け取ってくださいます。「ご苦労様」と言葉を添えて。「田原と豊川の図書館では、職員の質が良い」と、図書館のあり方について、貴重な意見を聞かせて下さった方もありました。
 3時半からは3人で、今日の活動開始です。「『まちなか広場の計画、知ってる?』ボード」を立て、行きかう皆さんと直接対話をしました。立ち止まって話しかけてくる方、戻ってきて「資料ください」と言われる方、学生の皆さんは熱心に質問して下さいました。
 「はざま小学校のプールがあったよ」「隣のまちに越して40年になるけど、狭間のことは知ってる」「市が決めたことは、ひっくり返せない。」「私たちはプラットですでに経験済み。」「今さら何を言っても始まらない。」「まあ、がんばって。」という声から、「この計画では黙っていられない。座り込む?」という声までかかりました。図書館については、学生の皆さんの関心が高く、もっと意見を聞きたいところでしたが、今日は「広場」に留まりました。もっともっと時間がほしいです。あまりに、計画を急ぎすぎです。これでは、市民の皆さんを招く「広場」の始まりになりません。公共空間の狭間広場と公共施設図書館計画の始まりは、もっと宣伝されてこそ、「にぎわいに」つながると信じます。これでは、「だれのための」「なんのための」「にぎわい」なのか、理解できません。3月議会では、「にぎわい」について、しっかり市長の考えを問いたいと考えています。
 100人の声を集めたいと思っていましたが、「対話」を大切にしたので、目標に達しませんでした。が、昨夜の松山校区の意見交換会の熱い思いを駅頭への目的は十分に達成できました。また、明日、都市計画審議会が開催されることも伝えることができましたので、今日の行動を5時前に終えました。
   RIMG1063.JPG  RIMG1073.JPG
  RIMG1074.JPG  RIMG1075.JPG    
  豊橋まちなか図書館倶楽部のちらしを200枚、「てーぶる56号」を110部手渡すことができました。また、「まちなか広場計画」を知っている・知らないシール数は、5枚と50枚になりました。
               駅前に3時間立つ間に、
        市外からの知人2人、市役所の方、市内の知人6人と出会いました。
             「にぎわい」って人の行き来だなと思いました。
                今日出会った人たちは
             カリオンで県主催の講座に参加した帰りの方、
          市電に乗り継ぐ方、まちの用事の方、帰宅途中の方でした。
             「まちなか図書館へ行くの・行ってきたの」と
                弾んだ声を聞くことを楽しみに
                再開発+広場+図書館の計画に
                  これからも参加します。




▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

まちなか広場計画でにぎわいが始まりました!

2月3日(火)19時〜21時
 松山校区市民館で行われた校区自治会主催の「まちなか広場」の意見交換会に参加しました。市役所からはまちなか活性課、都市計画課の皆さん、駅前大通二丁目地区再開発準備組合とコンサルのria(アールアイエー)の皆さんが勢ぞろいされて、黒板前の正面はぎっしりです。参加された皆さんは定刻前から会場を埋め尽くされ、私は最後尾の7列目でしたが、いつの間にか後ろの席がどんどん増えました。総勢100名を越える皆さんが集まられ、熱気いっぱい。この問題への関心の高さを改めて知りました。
 説明の後、質問が続きました。皆さんは、狭間児童広場は「公園のまま」の広さで残してほしいと一貫しています。にぎわいの創出のための再開発において、なぜ、公園を三分の一に減らして、ひょうたんの形に変えなくてはならないのか。まだまだ説明が足りません。議論の余地があります。市民の貴重な財産である公園の使い方を誤ると、せっかくの「にぎわい」が成り立ちません。事業を進めるため、時間切れとなれば、市民と事業者双方に、行政の責任が問われます。市民不在でまちづくりは進まないことを肝に銘じるときです。
              RIMG1061.JPG
         にぎわいのまちづくりは、準備段階からのにぎわいが必要です。
          今晩、会合に参加して、私はやっと、駅前再開発計画が始まった
                 との印象を持ちました。
              明日5日都市計画審議会が開催されます。 
              午後1時半から、市役所東館七階第一会議室。
                    傍聴ができます。
           ここで決定する案は、再開発の1.5ヘクタールの区域、
               東西の再開発ビルの区域、面積、容積率
                     そして、
                    まちなか広場です。
                 広さと形状案が決定されます。
               来週12日には環境経済委員会が開催され
              「まちなか図書館基本計画素案」が出されます。
                 再開発計画は、第二段階に進みます。 
                  


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2015年01月15日

ダムの山・まちへ行ってきました。

■ 1月12日(月) 埼玉県秩父市「滝沢ダム」
        ダム建設に反対運動を展開されていたご家族を訪ねました。
      平成20年に竣工したものの、事業完了までさらに3年を要したダムとか。
         大滝村から仲間の皆さんがまとまって移転先を決め
               ダムに翻弄されないで
          賢明な生活再建をされたことを語り継がれた証として
            「中津川いも」と「いんげん豆」のたねを
              いただいてきました。

■ 1月13日(火) 群馬県八ツ場(やんば)ダム(長野原町吾妻川)
       計画から64年。工期の延長に続き近年の中止宣言などを経て、
        昨年1月、本体工事に着工。工事費の増大、環境問題など
         問題や懸念は今なお引きずっているままのダム。
              取り付け道路などの大型工事が
            ここでは予算がないとは言わせない
                勢いで進んでいます。
            2015年完成予定が2020年に。

          移転地で旅館を再開された方からお話を伺いました。
             吾妻川を見下ろす山すそにそって
              新しい家が建ち並んでいました。
   
            誰のための、何のためのダム建設なのか。  
               建設現場に立つことで
              分かってくることがあります。
            反対運動をされた方々の尊い志を思います。
                 
              長良川河口堰反対運動を通して私は
             ダム反対に命をかけた人との出会いが
              岐阜県徳山ダムから始まりました。
             
                 賢明な政治の時代に!
               環境破壊であるダム建設を止めて
                ダム計画予定地の皆さんの
                 長期にわたる生活不安を
                安定と安心の基盤づくりへ!   
             コンクリートの巨大な構造物を仰ぎ見ながら 
                    切に願いました。                        
            
                 

       


            


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2015年01月08日

啓翁桜が咲き始めました。

1月8日
          暮れに届いた啓翁桜を玄関のつぼに活けました。
             つぼみがどんどんふくらんだかと思ったら、
               ぽっ、ぽっ、ひらっりと、
               ピンク色の花が開き始めました。
             RIMG0871.JPG
             今日は子どもの権利条例作りの初会合がありましたので、
             参加された皆さんと、1本の枝を分け合いました。
花の次には鮮やかな若芽を楽しんで
                  頂くことができます。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2015年01月07日

1週間の遅れを挽回しました。

1月6日(火)
          午前中に市役所へ。役所仕事はじめです。
        お昼に自宅に戻り、「年越しそば」を茹でました。
               賞味期限は1月7日。
        午後、事務所びらき。春に向けて
           ふたつの計画の打ち合わせが進みました。
        夜、頂いた年賀状の返事を書きました。深夜に投函。
             今日が私の元旦です。
              ++++++++
          年末から編集作業待機中の「てーぶる56号」。
            明日1月7日突貫作業で仕上げます!
          1月中ごろ発行、下旬に新聞折込と発送予定です。
              ++++++++             
            年が改まってから一週間。
         新年度に向けて、明日はさらに前進できますように。
              
             


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2014年12月29日

まどか文庫ブログ「お話会」更新しました。

       「まどか文庫のブログ」をご覧ください。

         お話会2014年記録 および
         お話会日程2015年1月〜3月
       http://madoka-bunko.seesaa.net/


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2014年12月20日

お詫びとご報告

 この1ヶ月も議会や地域・市民・文化活動の行事が目白押しで、ブログ更新のための情報は事欠きません。が、今日までお休みをしました。パソコンの前の入力作業時間を極力控え、議会活動中心に過ごしました。
 おかげさまで元気に、昨日の福祉教育委員会と総務委員会の傍聴で、今年の会議日程を終えました。
 年内には12月議会報告「てーぶる56号」入力、平成27年度とよはし市民会議「予算提案書」作成と市長提出、まちなか広場関連の市民活動、まちなか図書館関連のまとめ作業などに取り組みます。
 ぎゅうぎゅう詰めの毎日。片付けが一向に進まない事務所の、丸テーブルの花と、壁にかかったリースから、私はゆっくりした時間をいただいています。
           RIMG0646.JPG
            私の誕生日にいただいた花です。
           2週間たっても生き生きしています。

 寒くなって在宅の高齢の方々への訪問をはじめ、市民の皆さんからお預かりしているご用を済ませたり、市民活動の皆さんの例会にお招きいただいたりと・・・と、細切れの時間を使うことも多い暮れです。
           まどか文庫の子どもたちと一緒に、近所の教会の
            クリスマス会に今年も出かけます。     
             ばれりなさんのリース2014。
              いよいよ出番です。
            ばれりなさんリース
           
            


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2014年11月16日

炉びらきが咲き始めました。

11月16日(日)
         今日は一日中、事務所で仕事です。
   庭のすみでつぼみをつけた炉びらきが、事務所のテーブルの上で咲き出しました。
            室温15℃。いよいよ冬です。
             炉びらき
           
             今日は沖縄県知事選投票日です。
     「いのみら」のN2サービスの皆さんによるまんががアップされています。
       今日から、3.11を経た私たちの一歩が始まることを
       そのために私は、今、ここで、何をすべきかを考えながら読みました。
              http://inomira.jugem.jp/
       
            12月議会が駆け足で近づいてきました。
        一般質問と陳情・請願の締め切りが11月25日!もうすぐです。
         10月から行事づくしの毎日を切り抜けてきました。が、
                  まだまだ続きます! 
          ゆずり葉10周年記念企画は22日。参加予定。
             ゆずり葉10周年企画
          第2回かていかんまつりは30日で防災を担当します。
               第2回かていかんまつりビラ
        そして恒例の図書館まつりは12月6日、詩の朗読会に参加。
    http://www.library.toyohashi.aichi.jp/oshirase/sonota/26tosyokanmaturi.htm          
一般質問の初日が12月1日ですから、か・な・り心して取り組まなければなりません!
           とよはし市民会議の「平成27年度予算提案書」も
      できりだけ早い時期に、市長・教育長に提出したいと考えています。
                 そんなこんなで、
     今日は静岡市内で行われる「あそぼーる」づくりの会の参加を断念。残念です。
        今年3回目最後の講習会参加に期待をかけていたのですが、
            12月議会の日程がこんなに早まるとは!
       来年から「地域へ!絵本届け活動『ぶっか〜』」で一緒に取り組みたい
        「立法八面体布ボール」の夢をもう少しあたため続けることにします。
              http://asobo-ru.sakura.ne.jp/
             
     連休の明日月曜日には9月議会報告「てーぶる55号」の最終チェックを行い、
          この週内に発行・新聞折り込みを済ませたいと・・・・・
        いえいえ済ませないと、12月市議会準備への気合いが入りません!



▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2014年11月01日

第2回 まちなか図書館deカフェ ご案内 

           豊橋図書館トークの会         
      第2回 まちなか図書館deカフェ 開催します。
            ご参加、お待ちしています。

       日時:  11月4日(火)午後7時〜9時
       場所:  市民センターカリオン 第4ミーテイングルーム 
       内容:  まちなか図書館とにぎわいにについて
            武雄市図書館視察報告について
            トークの会11月の進め方について
      お問い合わせ:090−8545−8900(わたなべ)


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

林洋子 ひとり語り「なめとこ山のくま」11月8日プラットにて。

            ご参加、お待ちしています。             

              宮沢賢治の世界(2)
              林洋子 ひとり語り
             〜クラムボンの会主宰〜
       
        「なめとこ山の熊」   薩摩琵琶と語り
        「四又の百合」     鐘と語り   

        とき: 2014年11月8日(土)午後2時より
        場所: 穂の国とよはし芸術劇場プラット・アートスペース
        参加費:大人1000円  学生500円 
             
         ■ 電話予約承ります。 090−8545−8900渡辺


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2014年10月20日

コスモスの月、すでに20日です。

 9月議会を終え、10月1日からは議会の傍聴や打ち合わせなどの会議の合間を縫って、市民の皆さんと一緒の活動や勉強会に参加しています。記憶が新しいうちにと、9月市議会報告「てーぶる55号」の原稿入力にも時間をかき集めて取り組みました。編集、印刷、新聞折り込みまでには、まだ時間がかかりますが、一日でも早くお届けできるようにがんばります。
 
 


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2014年09月07日

20年分、まとめて休ませて頂きました。

        ◇「 この夏は 休み第一 キー打たず」
   ブログの更新が遅れ、ご心配おかけしました。
        ◆「夏風邪でタオルの世話になりました」
         気分も体調も良いのに、発汗作用が活発でした。
        ◇ 「モロヘイヤ、ゴーヤと梨で 自然治癒」
   畑の野菜や果物を頂き、重宝しました。
        ◆「『おだいじに。』薬に勝る 効きことば」
          声をかけて頂くことが、こんなにうれしいとは!
        ◇「目を休む。静養中は 本を閉じ」
           それでもつい読んでしまいました。
         「豪雨災害」と「図書館はまちの真ん中」。
       「豊橋市戦災復興誌」にも、ちゃんと図書館記事が!
           戦火を逃れて疎開した資料。
             市川寛専任館長のもと
          昭和23年4月20日、本格的活動開始
                とあります。
         100周年記念誌「豊橋市図書館100年のあゆみ」
                につなげながら
           「まちなか図書館」を考える日が続いています。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2014年07月14日

蝉の初鳴きを聞きました。

先週のこと。
新聞で蝉の鳴き声をきいたとの記事を読んだ翌日、
南の方から、聞こえてきた蝉の声。今年初めての鳴き声。
次の日。庭の藤の葉にしがみついている油蝉。もう一匹は
足下に。どちらも鳴き声はなく・・・・。
台風一過後、本格的な暑さの到来です。
まだ梅雨明けでもないのに・・・。

暑さに体が慣れるように
無理しないようにと、声かけ合っています。
睡眠と食事に気をつけています。
今年は夏野菜が豊富です。
きゅうりは途切れることなく、どんどん届きます。
ありがたいことです。
ぬか漬けにも重宝しています。

ただいま、6月議会報告「てーぶる54号」作成中。
発行、新聞折り込みが済むまで、私の6月議会は続きます。
7月は議会月でないため、会議は格段に減りますが、
毎日の行事や地域活動は目白押しです。

皆さんからの飛び込みのご相談をはじめ、
6月議会前のお約束について
調整ができた問題から
少しずつ、連絡させて頂いております。
まだまだお待ち頂いていることもあり
お目にかかれない方々には、申し訳なく思っています。
今月中にはお約束を果たしたいと、
長期の視察は計画していません。

「まちなか図書館」問題では、皆さんと共有できる情報収集に努めます。
また、「図書館づくり」「図書館意見交換会」などの貴重な記録を
まとめる作業にも力を注ぎます。

「ごみ減量とリサイクル」について、
「台所生ごみ」をバイオマスとして活用することを中軸に、
分かりやすく説明ができるようにと考えています。
昨日、洗濯バスケットで生ごみ処理する実践講座を受けました。
熱心な市民の皆さんが大勢いらっしゃることに励まされて戻りました。





▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2014年06月21日

毎日「相談」を、お受けしております。

 議会中はゆっくりした時間がとれず、議会が終わってからと、ご相談へのお答えを延ばし延ばしになっていました。議会が終わったので、一件、一件、調べた結果を、お伝えする時間がとれるようになりました。その合間に、緊急の相談も入ってきます。虐待、DVに関する場合は、「おそれ」「かもしれない」としても、まず、傾聴をと、私の事務所では確認しています。
 「よくお電話を下さいましたね。」「ご相談下さってありがとうございます。」という気持ちがあることで、相談を受け止めるとき、緊張をもたないですみます。(相談事業の先進地視察で学んだことです。)
 とにかく、しっかり相手のお話に耳を傾ける。メモをする。答えを急がない。できない、分からないことがあっても、心配しない。必ず、どこかにつなげて、解決へと向かうための道が見えてくると確信を持つこと。 そのためには、情報収集、および、地域や自治会、行政関連機関等との連携を常に念頭に置いて、ほどよい関係を保つことが必要です。教育、心理、医療、福祉、法律などの専門家の方々とのパイプは特に大切にしています。(これまで、どれだけの相談を受け、自分の力でなんとかしなくてはと、しゃかりきになり、解決を急ぎ、その先を見誤ることがあったことか。反省したことを忘れないよう振り返る時間を持つようにしています。)
 市役所から戻ると、まず事務所のノートをチェックします。(緊急の場合は私の携帯に直接相談が入ります。)「ちょっと寄っただけ」の記録にも、大事なメッセージが含まれていることがあります。今日のノートにあったその方のご相談はまだ決着が付いていません。状況報告を含めてお電話しました。すると、「いえいえ、それは結構です。もうしばらく待ちます。それより、皆さんが私の話を聞いて下さった、そのことでもう感謝いっぱいです。」と、明るい声。
           高齢者社会の相談では、「成年後見制度(市民後見人養成)」
            「CSWコミュニティソーシャルワーク」の取り組み
            「ご近所ちょとちょっとの助け合い」を。
              乳幼児の相談は、母親支援を最優先に。
            虐待問題は、「子ども」の最善の利益を考えた判断を。
                **************
        とよはし「子どもスマイル会議」では、7月、8月の勉強会は、
             市役所の出前講座を計画中です。
               相談について学びます。
              どなたもご参加自由です。(無料)
       ■7月28日(月)1時半〜3時 市役所東123会議室
            「子どもの相談窓口の現状と今後の展望」
                講師:教育政策課
       ■8月25日(月)1時半〜3時 市職員会館301会議室
            「子どもの権利と虐待について」
                講師:子育て支援課   
          ************************                  



▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2013年06月18日

6月18日ビワが届いた事務所にて。

6月18日(火)
 3年前の今日、西田花菜さんが浜名湖ボート事故で尊い命を亡くされました。
 2年前、私たちの活動を応援して下さる方が、大切な家族を亡くされた日です。
 1年前にお別れした方は、私が議会に出る機会を作って下さった大恩人です。
 今日は一日、事務所で、静かに、過ごしました。
             
ビワを頂いた日が夏の始まりと、
おいしくて、冷たい水道水を使ってお茶を入れ(出し)ました。
「かていかん運営協議会」の活動で頂いたゴーヤの苗で
事務所の南側のガラス面全体を本格的な緑のカーテンに!挑戦開始!
               
事務所を風が吹き抜けます。
昨年、小さな扇風機を一台、壁に取り付けたことで
パソコン仕事がはかどるようになりました。
ムシムシした日が続き、暑さに体が慣れ始めたところ。
この調子では、今年もエアコンを使わなくても済みそうです。
水の恵みに感謝して
表の水打ちも始めました。
表の水打ちも始めました


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2013年06月13日

すみません。なかなか行けなくて・・・。

◆通学路のご相談1件について
 現場確認のためには、月曜日から金曜日までの間の、朝7時から8時にかけて時間を作る必要があります。ただ今6月議会中で、10時からの会議に合わせるための、質問準備などを合わせると、時間が全く残りません。朝は4時か5時には起きて、仕事を始めているにもか関わらず・・・。申し訳ありません。一段落するまで、お待ち下さいね。
◆市民病院に関する<継続>ご相談2件について
 直接病院にでかける時間がとれないまま、どんどん日が経っています。お問い合わせのお電話を頂くたびに申し訳ない気持ちになります。議会の合間を縫って、6月18日までにはと、考えています。
◆毎週木曜日のまどか文庫
 午後3時から5時までの2時間の文庫タイム。欠席ばかりです。ご免なさい。NPOの皆さんが子どもたちと過ごして下さっています。有難うございます。私は事務所に戻るとすぐ、ノートを見て、文庫タイムをフォローしています。
     今日もどうぞ宜しくお願いいたします。

挿し木
  ↑梅雨入り前に挿し木しました。新芽がでています!

   黄色のばらが咲くのが、楽しみです。何年後でしょうか?<↓> 
黄色のばら


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。