2010年05月01日

五月のご挨拶

花冷えの日々とともに過ごした4月がピンとはりつめた空気を残しつつ新緑の5月に早くもバトンタッチしました。

総会の季節です。
市議会も14日に臨時会が開かれます。
2010年。
とよはし市民会議は4期最後の年16年目の活動を開始します。
議会改革の年にふさわしい議会運営を求めて「会派」「委員割り当て」「議員36人とは」「市民への議会報告会」「議会基本条例」等々とよはし市民会議の議会改革案を提案します。

●4月26日現在 豊橋市議会会派構成
豊橋クラブ/7人     豊橋みらい/7人
公明党豊橋市議団/6人  春風会/5人
まちフォーラム/4人   日本共産党市議団/3人
とよはし市民会議/1人  紘基会/1人
無所属/6人

●議会運営委員会について
一人会派・無所属を除く6会派32名の議員から選出された委員で構成されます。残る8名の議員に委員外議員として発言の機会の保障があっても、傍聴しながら議会運営の流れをつかみ、タイムリーに発言をすることは神技に等しい。同じテーブルに就いて同時進行で議論に参加する方向に改めるべきです。

●議員定数40を36に減ずる条例可決の責任を
「議会改革」=「議員改革」であると市民に示す時。

とよはし市民会議はまず、議員間意見交換会を提案
   ↓     ↓    ↓
  テキスト: 「『議員力』のススメ」
(廣瀬克哉著 ぎょうせい刊)議会図書室蔵書。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年04月13日

議会のない日は小刻みに。

4月12日(月) 雨。
 この4日間の出張で得た資料をひとまず、パソコン机脇の丸椅子の上に重ねる。今朝一番の仕事は留守中の電話相談への対応です。
 校区内における道路問題について電話で聞き取りを行い、10時からは子育て支援のNPO活動会議に出席するため、事務所に向う。 準備されたレジュメは2枚。今後の地域子育て支援のさまざまな形を試行中。「協働」へと一歩進める年になることを願っています。通年の活動基金となる助成金獲得が外れ、計画していた事業の継続のため、クリアすべき問題点を共有しながら、丸テーブルを囲んだ運営会議のメンバー8名の熱い議論が続きました。
 昼は持ち寄りランチ。タケノコご飯と春の畑の野菜をおなかいっぱい頂く。3時にかけて、来客も加わって下さり、2010年度のりこ後援会総会「お楽しみ」案の検討が進む。決定次第お知らせします。どうぞご期待下さいね。
 午後4時。市役所へ「出勤タイム!」と促され、車で出発。途中、道路問題について、情報確認のために立ち寄る。電話だけでは分からなかったことも、直接伝えていただき、理解が進む。よかった。
 市役所東の豊橋公園につながる1号線手前の「くすのき通り」。私の好きなドライブウェイ。1本1本の若葉の色が違います。見事です。小中学生の頃のこの時期は、いつも「写生大会」があり、一日、公園などで木に向った「時間」を懐かしく思い出します。
 午後5時15分。終業音楽の流れる中、市役所7階に到着。政務調査費報告書作成のための事務手続きを済ませ、11階へ。3年目に入る子ども・文化支援関連の情報交換を15分間行い地下へ。駐車場出口で誘導下さった白い雨合羽の守衛さんが飛び切りの笑顔で送り出してくださる。
 午後6時歯科予約。(数ヶ月毎、健康のために受ける検歯。)
 午後7時。久しぶりに自宅で夕食。

●道路問題では、明日、別の責任者の方に会う予定。その際、解決に向けて、「すぐ・中期・長期」にできることを提案して、意見交換をしたいと思います。「道路問題」は近隣住民と施設等の関わりが大きく、まさに「まちづくり」そのもの。
●3月議会報告「てーぶる37号」、まだ入力ゼロ。5月の連休前には新聞折込できるように、今週末には着手の予定。全国の議員仲間の皆さんからはすでに3月議会報告が届き始めています。頑張っているな〜と、励まされます。
●今日、電話しそびれたことなど。
 S市Mさん:農業のまちづくりシンポジウムのお誘い、有難うございます。是非、参加させていただきます。
 T市Kさん:たくさんのタケノコ、有難うございます。お昼にまず頂き、それから皆さんと分け合いました。
 Y町Sさん:議会が終わったら一度お訪ねしますねといいながら、そのままになっていたことを、今日、突然思い出しました。お許しを。
 M町Tさん:ホームページへのご意見、ありがとうございます。「文字が小さく、多すぎる」こと、申し訳ありません。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年04月03日

水たばこのうた♪

「癒す水・蝕む水ー世界の水と病気ー」
藤田紘一郎(東京医科歯科大学教授)
NHK出版(1996年刊)
癒す水・蝕む水ー世界の水と病気ー
この本を手にしたのは昨年8月23日。
いきいきフェスタの「除籍リサイクルコーナー」。

22ページ。
「水を飲んでタバコが止められる」
この本が私をこの炎天下で待っていてくれた!
と、嬉しさに飛び上がらんばかりでした。

常日頃から、豊橋市の水道水はペットボトルの水よりもおいしいと思っている私は、役所の会合で市販のお茶が提供されている新聞記事を見るたびに残念でなりませんでした。
また、タバコをのむのは、税金のためと言い続ける人の気持ちも考え、「受動喫煙防止策」に良い方法はないかと思い続けていたのです。

そんなある日、花園商店街で、若い人たちが経営する素敵な喫茶店に入ったところ、さらにおいしい水に出会いました。水の入った瓶の底には「小さな石」。すぐに注文して、取り寄せて頂きました。

9月議会。
12月議会。
そして3月議会。
考え、考え、考えました。

そして「水タバコ」を作ることにしました。

まず、製造元は・・・・▼
「豊橋市税増推薦商品  役極:PNO人法『豊橋市水煙草水深連名』 許可No.25朕584

次ぎは歌です。・・・♪♪♪
 ひとくち 飲んで のどごし おいしい みずたばこ
 ふたくち 飲んで からだににやさしい ミズタバコ
 みくち  飲んで くうき きれいな  水 煙 草
 よくち  飲んで えがお ひろがる  mizutabako
いつくち 飲んで いのちのびのび   己図多場誇

そして使用法です。・・・・・・▼
 わけのわかるひとのきんえんそがいようけんは、にこちんです。
 びょうきのひとに、あいだけではげんかいがあるゆえ
 みずぐすりをしょうほうす。
 水:豊橋市水道局謹製 賞味期限:禁煙完了日
 石:きららの石<3ヶ月ごとに天日乾燥後20分煮沸><敏感な石で、臭いを吸収するので容器は瓶、常温で使用。冷蔵庫に入れる際は、容器を移すこと>


●タバコの煙から逃れることは、自分で自分の身を守ること。近年、受動喫煙被害についても周知されるようになりました。私は「呼吸器と眼の健康第一」のために、勇気を出し、飲食店では、「禁煙」のお願いを続けています。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年04月01日

4月のごあいさつ

新しい一年の始まりです。
気持ちがぴしっとします。
寒さに耐えた桜のもとで。
おめでとう! ご入学。
おめでとう! ご就職。
そして それぞれの新しい生活を始められる皆さん!
桜咲く今日の日を、平和な日本で迎えることができたことをともにお祝いしたいと思います。

私にとって、今年は議員活動4期目最後の年。
3月議会は「議会改革」を定員削減に絞って疾走、多数決決着しました。
議会が議論の府であることを実感することもないまま、作られた流れに乗った議会丸。漂流はまだ続いて。ひとり舟の私。時に紙舟、笹舟、泥舟、鉛舟、鉄舟になって。直進・旋回・後退・ジャンプ。
この4月、私は一人航海図の世界に決別です。

3月議会準備中に、議会図書室で借りた本を読んで議員として、私自身が持つ問題点を整理しました。

「議員力のススメ」(廣瀬克哉著ぎょうせい)
『議会は出す結論の中身についても、また、その結論をどんなプロセスで出したかについても、市民に対して責任を負っているのです。この責任をより良く果たしていうことが、今後の議会の課題です。』(86頁)

30年来、私が市民活動の基本を学び続けてきた「連帯の探求」(山代巴著未来社)には、『意識革命のともなわない民主主義はあてにならない、状況しだいでいつでも元へ戻ってしまう』(226頁)とあります。

新しい年のとびらを力いっぱい開けて
私は、私の一歩を踏み出します。

「実践にとっくみ、失敗と成功によって鍛えられて有効性を得る」
(山代巴著同書314頁)


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年03月01日

3月(弥生)のごあいさつ

書類と本に占領され土雛段は箱入りのまま。
貝雛色紙を事務所に立てて。


議会準備のために「本」と「書類」が役に立っています。
それも古い資料が。入手してすぐに生かせなかったのは、私の問題意識が追いつかなかったから。
狭い事務所が、未処理の情報を飲み込み続け、ますます床スペースが狭まっていくのを止めることができません。
 
年に4回の定例議会。その合間に研修、視察、調査と走り回り、土日や夜は行事で埋め尽くされ・・・・・。
無理と思いながらも、情報整理を兼ねて「片付け」タイムを捻出。
挑むたびに、必ず思いがけない発見があります。

8年前、類焼を免れた事務所で、一番持ち出したかったのはこの「紙類」でした。事務所は行政情報の宝庫であることをその時以来、ますます強く感じるようになりました。

市民の皆さんのお役に立つための「資料提供」の場として市民館、市役所、図書館の役割について考えています。
「今」「これから」「これまで」の資料を構成してインターネットを加えれば、さらに充実したものになります。  

新しい分権時代の豊橋のまちづくりは、ふたつの「条例」とともに始まりました。
「男女共同参画推進条例」と「市民協働推進条例」。そこに「子どもの条例」と「まちづくり基本条例」が加われば市民(未成年の子どもを含む)・行政・議会の協働のまちづくりが大きく進んだ証となり、これからの力のもとになると思います。
10年前に入手した資料から「これまで」を学んで「今」と「これから」資料ををゲットして3月議会提案に活かします。 

皆さまのご意見をどうぞお聞かせください。

3月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・▼
 3月議会(案)
1日 本会議  請願・陳情締め切り
2日 一般質問締め切り
4日 議会運営委員会
5日 本会議
8日 本会議
9日 本会議
10日 予算特別委員会
11日 本会議/予算特別委員会
12日 予算特別委員会
15日 予算特別委員会
16日 予算特別委員会
18日 予算特別委員会
19日 予算特別委員会
23日 予算特別委員会
24日 常任委員会
25日 議会運営委員会
26日 本会議(最終日)


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年02月20日

愛知県移動美術館が豊橋へ

2月20日(土) 9時に豊橋市美術博物館へ。
  
 今日から楽しみに待っていた「ひかり いろ かたち」愛知県美術館平成21年度移動美術館が始まりました。豊橋市美術博物館30周年記念の企画で、愛知県美術館から合計74点が「移動」してきたのです。
 詳しくはこちらをご覧ください。
 ⇒http://www.toyohaku.gr.jp/bihaku/

 私が一番見たいのは、船越桂「肩で眠る月」。そして、熊谷守一、北川民次の作品。オープニングの後、三つの展示室を順に回りました。鋳造では「歩く人」(ロダン)、「両手のベートーベン」(ブールデル)「女の胴」(荻原守衛)を、すぐ目の前で、じっくり見ることができました。「富士山」(小松均)は、絵の前で、いろいろな方のお話を聴きながら、楽しみました。
 3月議会前のこの時期、例年ならば、外出は控えて、質問準備に没頭するのです。が、これだけは見逃してはならぬと、自分に縛りをかけて時間を捻出しました。
 11時からの記念対談(牧野研一郎愛知県美術館長・金原宏行豊橋市美術博物館長)は満席でした。分かりやすい解説を聞いて、さらに作品が身近になりました。
 和やかな初日の半日を美術博物館で過ごし、誰もがそれぞれの想いで楽しむことができる、あたたかい企画だと思いました。この春は、美術館を訪れる方が、幅広い世代を通して、一気に増えそうです。 
 3月28日まで。入場無料。ロビーコンサートなどに加え、子ども向け案内「キッズガイド」は2種類と豊富の上、春休みを美術館でと、積極的なお誘いがいろいろ工夫されているようです。
 今度は地域の子どもたちを誘って、一緒に行きたいと思います。
なぜ、こんなにあったかい気持ちになるんだろうかと思いながら、美術館をあとにしました。
 ●愛知県がとても近く感じたこと。豊橋市民であると同時に、愛知県民であることを、いつも忘れていたことに気付いたのです。県美術館の作品は、私たち県民の財産でもあるのです。
 ●無料であること。誰でも、いつでも、なんどでも、美術館へ気軽に誘うことができます。これはとても大きなことだと思います。
 ●豊橋市美術博物館長が専門職であること。とても大きな意味があることを、あらためて感じました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ■ 駐車場で今年初めての「たんぽぽ」を発見。私の今日の「ひかり いろ かたち」記念にと、携帯電話で撮りました。
 ■昨夜、南栄住宅建替工事現場で、「ひかり いろ かたち」を撮ろうと、カメラを動かしました。ハート型をとねらったのですが。
駐車場のたんぽぽ 南栄住宅立替工事 ひかり いろ かたち


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年02月19日

市役所を楽しむ

2月18日(土)〜19日(金)
 市役所1階南側では、折り紙展が開かれていました。いろいろな表情の虎がいっぱいの作品は見事でした。その前で、指導にあたられた中神さんをパチリ。「かにむかし」の昔話作品もありました。障がいを持つみなさんによる折り紙展を多くの市民の皆さんが足を止めて、楽しんでいらっしゃいました。
 お昼休みとなると、この1階の窓際は、お弁当を広げる職員さんや市民の方のいこいの場となります。今日は私もお弁当を。休憩中の市民の皆さんと話が弾みました。
 このところ、市役所の職員さんが市民の皆さんへ声をかけたり、手を貸したり、庁内やエレベーターなどで案内されているのを、見る機会が増えたように感じます。
 政権交代でいろいろと変わることが求められている時代、市役所も市民の皆さんへ近づく努力が、続いていることの表れと思います。
 「協働」には、市民への行政情報の発信が第一です。いつも思うのは1階ロビーの喫茶の南面の窓際に「じょうほうひろば」があれば、ということです。市役所へ来られた市民の皆さんが、いっぱい情報を持ち帰ることができるようになる日を楽しみにしています。
中神さん折り紙展


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年02月01日

「今年」が始まったばかりなのに

1/12
1月から2月へ、はや一歩前進です。
心配していたインフルエンザも
備蓄マスクの出番がなく
ほっとしています。
が、2月の寒さには
油断は禁物です。

今年も2月は28日まで。
議会前の月末の短さはこたえます。
新しい政権の試みに猶予が与えられぬほど
緊迫した財政状況が追い打ちをかけています。
今年の予算審査には今から緊張しています。

これまでの時間の使い方を反省して(やくそくをまもる!)
足元をしっかり踏みしめ(ころばぬように!)
目の前を確かめ(おもいこみをせず!)
手や口に注意を届け(しつねん・しつげんダメ!)

冬から春への移り変わりを見つけて
楽しむ時間を持ちたいと思います。

■「2〜3月 とよはし市民会議 活動予定」■

2月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・▼
1日 全国自治体議員行財政自主研究会(東京)
2日 「てーぶる36号」新聞折り込み
   東京子ども図書館お話会(岩田小)
4日 女性議会ネット会議(名古屋)
5日 市川房枝記念会研修「地方政治の民主的変革への
   チャレンジ」/日本ペンクラブシンポ「混迷する世界に
   ”子どもの本”の可能性とは?」(青山)
6日 同上 市川記念会研修/午後:自殺する種子」講演会
   (ライフポート)/午後:第27回明るい家庭づくり
   推進大会にて雅会〜河西流くんの演奏も。(ライフポート)
7日 14:30〜 19:00〜2回上映「未来の食卓」(田原文化会館)
   問い合わせ⇒090-2938-1414 (¥800 高校生以下無料)
8日 10:00〜ホームスタートボランティア講座
   13:00〜会計処理問題調査特別委員会(7階傍聴可)
12日 13時半〜16時化学物質セミナー
    愛知県主催(三の丸庁舎8階)
森千里千葉大教授「化学物質の影響…ヒトを中心に」
14日 栄校区演芸大会(山田公民館)
17日 議員総会
20日 14時〜16時 栄まちづくり講座
21日 第14回静岡県図書館づくり交流会
22日 議会運営委員会
26日 議会運営委員会 

3月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・▼
 3月議会(案)
1日 本会議  請願・陳情締め切り
2日 一般質問締め切り
4日 議会運営委員会
5日 本会議
8日 本会議
9日 本会議
10日 予算特別委員会
11日 本会議/予算特別委員会
12日 予算特別委員会
15日 予算特別委員会
16日 予算特別委員会
18日 予算特別委員会
19日 予算特別委員会
23日 予算特別委員会
24日 常任委員会
25日 議会運営委員会
26日 本会議(最終日)


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年01月28日

「子どもと議員の会」ご提案

1月27日(水)南栄駅にて
 岐阜の研究会に参加するため、渥美線を待っていたとき、お仕事中のお父さんから話しかけられました。
 「『ここにこ』で、子どもたちと議員の皆さんが話し合う会はできませんか?」「市長さんと中学生が語る会などは聞いたことがありますが、市議さんたちと交流することで、いろんなまちづくりに発展するんじゃないでしょうか」と。なんて素敵なご提案でしょうか。
 岐阜の化学物質関連の研究会では、農薬暴露の問題が話題になりました。私は豊橋市の樹木や庭木などに農薬ストップとなったことで、いろいろうれしいことがあると報告しました。
 「ここにこ」では、庭内の樹木を消毒せず、職員さんたちによって虫を手で取り除く作業が行われています。前庭の芝生は無農薬で管理されていると聞いています。「ここにこ」は、子どもの遊びや成長を支えるだけでなく「健康」面での取り組みに注目しています。 
 今年の仕事始めとなった公共施設訪問は、来年同様、1月2日に「ここにこ」へ、16日にも「環境絵本展」でここにこへ。「子どもと市議の交流会」が実現すれば、「ここにこ」が未来の市民を育てる場としての新たな意味を持つことなり、楽しくなってきます。




▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年01月08日

元旦から事務所びらきまで

 新年が明けてから1週間がたちました。
 今年も元旦と二日目は自宅で「お正月」
 4日 市役所へ初仕事に立ち寄りました。
 5日 中学校の同窓会に20年ぶりに参加。山里には雪の山が。

 7日 県内の市議仲間の選挙応援でポスティングに。れんこんを掘り上げた田んぼのまわりを歩きまわるころには、朝の雪や伊吹降ろしを忘れるほどあたたかな日差しに恵まれました。ついつい、もっともっと、ひとりでも多くの方にと手渡したくなるほどすてきな「リーフレット」と「議会報告」のセットを手に、お昼をはさんで3時間ほどさわやかウォーク。お正月の運動不足の解消にもなりました。私の選挙の際に手伝ってくださる皆さんへ思いを重ねることができるのも、こうした機会があればこそ!
 夜は高齢女性の緊急入院に付き添い、市民病院まで救急車初乗車を体験。「救急車をお願いすればお金がかかるのでは・・・・」と案じ続けていらした由。幸いなことにICUに移られる頃には、「明日」のことを考えることができるようになりました。

 8日 今日から事務所活動が始まりました。子育てグループの皆さんは図書館の広場活動へ。私は丸テーブルを囲んで、3人の若手のお母さんたちから議会報告に関しての「カライ」ご意見を3時間にわたって頂きました。来客や電話も続き、用意したおぜんざいはそのままで一日が暮れましたが、昨夜入院の女性が、一般病棟への移動が可能との連絡も入ったこと、丸テーブルでは、午後も子育て活動の先達との熱い議論が沸騰して、南栄ふれあいセンターらしい事務所開きの一日となりました。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2010年01月01日

新しい年の始まりに

新しい年の始まりがあまりに早く巡ってくる気がして
新たな気持ちに改まるゆとりがありません。

一昨年からの不況の嵐が常態化しています。
どこを向いても誰と話しても不景気な話しばかり。
「まつりごとをしごととするわたなべさんはどうすればまちがげんきになるとかんがえますか?」と、昨年暮れ、配達に来た青年から質問を受けました。
政権交代により政治の話題が多世代で日常化。結構なことです。
旧政権の負債を負いつつ、新政権がすぐに舵をとれないことは理解できる、でも、もっともっと説明責任を果たしてほしい。
「平和」な世界の持続のために
環境問題における緊急課題への取組みに
私たちが参加できるチャンスです。
子どもたちへの犠牲を伴うことだけは避けて私たちがなさねばならぬことを真剣に考える時です。
まちを元気にするにはいろいろできることがあります。
私たちはご近所にある「空き店舗」を活用して多世代交流のまちかどステーションを運営しています。
ここでは、子育て、高齢者・障害者問題、食と農、教育、環境問題、文化など、さまざまな切り口で活動を展開。
昔の良き時代の空気がすぐに生まれてきます。
豊かで確かなコミュニケーションから学ぶことばかり。
励まされます。
まだ
間に合うのです。
だから
取り組まねばなりません。

新しい年のはじめにあたり
それでも
小さな声で
「あけましておめでとうございます」
今、日本が戦争の状態でないことに感謝しながら。

「寒さ」と「飢え」と「孤独」ですごす方々に対して、私たちにできることを今年も考えます。

そしてできることを実行します。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2009年12月27日

平成22年度予算提案書提出しました。

12月25日(金)
予算提案書提出 予算提案書

平成22年度とよはし市民会議予算提案書(Word文書)

 真夏なら朝が始まる頃から、昨年提出した「予算提案書」のチェックと新規事項の書き込み、印刷・製本の最終作業を進め、8時過ぎに11頁の「平成22年度とよはし市民会議予算提案書」ができました。今年の表紙はサーモンピンク。「花とのりこマーク」(消しゴムハンコ)付きです。
 提案書の内容は、ほとんど一般質問や委員会質疑で取上げているものばかりです。今年実現したものを省き、新たに取り組くみを始めたこと、来年度是非とも実現を願うことなど、修正を加えながら書き込んでいく作業は、思った以上に大きな意味がありました。とよはし市民会議の一年間の活動を振り返るきっかけになったことです。また、今年新たに提案を届けてくださった多くの市民の皆さんのお顔も浮かび、来年へ活動の案も湧いてきて、元気を頂く時間となりました。
農政課で見つけたポスター
 9時に市役所へ。農政課で見つけたポスターです。10時には11階へ。地域多世代交流・子育てステーションの報告、そして、10時45分から11時まで、4階市長室で直接佐原市長に「とよはし市民会議予算提案書」を渡しました。手渡し資料のなかに、スペイン語新聞があり、豊橋市の教育の取組み(外国籍児童・生徒の家庭に「インフルエンザ」情報を届けていること)が紹介されていたことにより、佐原市長との話題は「外国籍児童生徒支援」が主になりました。
 午後からは「不適正処理問題」で取上げた内容についての確認を担当課や監査委員会で行い、控室の大掃除は・・・・できませんでした。
 午後4時に「まちかどステーション・南栄」1階「ありがたや」の今年最後の活動日に参加。同居している「まどか文庫」の絵本を2冊読んで締めくくりをしました。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2009年12月23日

23日は一日事務所で。

12月23日(水)
 今日は冷えましたね。南栄ふれあいセンターの事務所の室温16度。
一日事務所にいました。来客延べ8人。クリスマスケーキのミニバッグと新年のカレンダーが届きました。
 丸テーブルに座ると目に入る位置にふたつのプレゼントを置きました。パソコンの四角テーブルの行き来の合間に目を休めることができます。
 明日10時から開かれる「会計処理問題調査特別委員会」の資料を読み、書棚にある古い予算書・決算書を引っ張り出し、あれこれ考えています。朝までにどんな質問にまとまるのか・・・・・。
 クリスマスを前に街はにぎわっているのでしょうか?「寒さ」「飢え」「孤独」で過ごす人々のことを思いながら。
クリスマスケーキのミニバッグ 新年のカレンダー


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2009年11月23日

秋の高山にて

11月14日(土)〜15日(日) 
 岐阜県高山市教育研究所で行われた岐阜臨床心理研究所発足20周年記念フォーラムに参加しました。テーマは「子どもの心の健康」です。研究所長・丸井澄子先生の基調講演「心の健康を考える」後、心理相談室、スクールカウンセラー、大学などで活躍中の皆さんの報告に耳を傾けました。
 高山線沿線ではすっかり秋が深まっていました。
「金色の小さき鳥の形した」はっぱがびっしりついた「国分寺の大銀杏」。はじめて出会いました。見事でした。台風18号の影響で、豊橋市では今年は銀杏を楽しむことが出来なかった分、しっかりカメラにおさめてきました。
岐阜臨床心理研究所発足20周年記念フォーラム 国分寺の大銀杏


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2009年11月04日

ホームスタート講演会in名古屋

[特別講演]ホームスタート・オーストラリア代表来日記念in名古屋
 ホームスタート(HS)の新しい「ひろがり」と「つながり」

と き:11月5日(水) 13:30〜15:30
ところ:名古屋市北生涯学習センター視聴覚室
内 容:ホームスタートとは?ホームスタートを地域で始めるには?
日本での実施普及状況  オーストラリアの訪問型子育て支援

スピーカー:
西郷泰之(ホームスタート・ジャパン代表理事)
マリリン バーンズ(ホームスタート・オーストラリア代表)
ミシェル マクドネル(ホームスタート・オーストラリア プロジェクトオフィサー) 

◆「ホームスタート」についての詳細は以下をご覧下さい。
http://www.homestartjapan.org/
 ↑
 ■11月5日の名古屋特別講演のお知らせの詳細
 ■豊橋市で行われた講演会(10月9日)の報告もあります。


********「ホームスタート・豊橋」の取組み********
 ボランティアによる訪問・滞在型子育て支援が日本で始めて新聞報道されたのは3年前です。つどいの広場などに参加できない家庭へ手を差し伸べる機会がこれからは重要です。虐待等の未然防止としての効果も高く評価され、世界19カ国で取り組まれています。
 さっそく子育てNPOの皆さんと「ホームスタート」の勉強が始まりました。2年前には2回目の講座を開催。そして今年は実際にボランティ養成へと進む段階を迎えています。研修を経たオーガナイザーを中心に、ボランティア講座も11月から豊橋市内で始まります。
 


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2009年10月10日

9月議会後、10日たちました。

 9月議会終了後、事務所でゆっくり過ごす時間がないまま10日目を迎えました。議会開催中ストップしていた地域の行事や活動や約束の訪問などで手帳が埋め尽くされましたが、まだ果たせずにいます。「てーぶる35号」の入力も全く進まずの状態です。

●10月1日(木)晴れ
 10時:第7期議員インターン活動が終了したため、ドットジェイピーのコーディネーターの千枝さんの訪問を事務所で受けました。これまでの4年間でのりこ事務所が受け入れた学生さんは10名。ここで一区切りをつけることにしました。議員活動に同行したり、議会傍聴などに熱心に参加いただいてきましたが、多忙な学生さんと私の日程を調整することが困難な場合が多く、また私の力不足もあって、毎回、願うような活動になっていないことを残念に思っていました。
 岡田インターン生さんは、10月28日(水)午後、多世代交流施設「ありがたや」の交流タイムで最後となります。
(⇒岡田さんの最後のメッセージは「ドットさんの豊橋市議会めぐり」をご覧下さい。) 
 13時半:愛大文学会主催の北川透氏による太宰治生誕百年記念講演会「太宰文学・戦時下の可能性〜おしゃれ童子と国民服」に参加。マイクなしでも朗々と通る声で、戦中の作品の位置づけを中心に話され、興味深く聞くことができました。
 16時〜:「ありがたや」のお月見会に参加。さつまいもと里芋のおやつを子どもたちと一緒にいただいたあと、絵本を読み、まどか文庫の活動を加えさせて頂きました。今日は幼児から70代までの参加です。ゆるりゆるりと流れる時間のなかで、議会漬けの9月の肩の荷をちょっぴり降ろすことができました。
 19時半:久々に自彊術体操に。「久しぶりね〜」と声を掛けていただく。9月議会を無事終えた喜びでフルコースの体操をと思うものの、左肩がまだ万全ではなく10回行うところを8回にダウンです。

●10月2日(金)雨
 9時半:赤岩口の有機農業の朝市へ。大根菜、ミニトマト、長茄子と童里夢のパンを購入。栗も売っていましたよ。
 お昼まで:豊橋競輪場に。場外・観音寺競輪開催中で、3連複を初購入。特別観覧席座席指定券で、大型スクリーンを見つめる。私の周囲の方は、男女カップルや仲間連れの方々が多い。シルバー世代の楽しみの場になっているようです。案内して下さる方がこの2ヶ月間、是非にと誘ってくださり、実現。平成20年度決算では、競輪特別会計から一般会計に7年ぶりに3千万円が繰り出されました。さて、今日の私の300円はいずこに?
 午後〜夜:事務所にて「ホームスタート準備3・4年目」に向けた事務作業のお手伝い。

●10月3日(土)雨のち晴れ
 午前:中央図書館へ。東京子ども図書館・おばあさんの椅子「佐藤千代子さんお話会」をお話会の仲間と一緒に楽しんだ後、今年の丸山薫賞受賞者の本を借りる。
 午後:第19回大根プロジェクト(台所の生ごみを畑に!)。事務所の3つのケースを南の畑に運ぶ。(生ごみ特有のにおいが一切無く、作業は順調です。)里芋の周りの畝の草取り後、インゲン豆の収穫をさせていただく。今日の参加者は二人。
 夜:久々におやこ劇場例会に。今夜の「ワンダードラム」は、複数の打者による演奏。ピタリと息が合い、独創性溢れ、次々に新しい音の世界へと誘われ、とことん楽しむことができた時間を過ごす。こうした時間を通して、私は議会の緊張をほぐしていくことができます。

●10月4日(日)晴れ 
 午前:パステル画展へ。高師緑地公園の大木の作品を頂く。緑地の澄んだ空気が、はがき大のこの作品から届くようです。
 午前〜午後:豊橋公園で開催された「第2回豊橋一日派遣村」へ。フロンティア豊橋、わらの会の皆さんが「にほんご教室」の情報を伝えたり、アンケートをとられているテントで過ごす。全体としては、前回より相談件数は増、また日本人が多いことが特徴でした。
 夜:久々に事務所でよなべ。でも「てーぶる35号」入力は手つかず。(困ったことですが、時間ができるまでもう少し待ちます。)

●10月5日(月)くもりのち雨
 朝7時:兼ねてから約束していたグループホームの皆さんと一緒に道路の清掃タイム。登校する中学生の皆さんに声をかけることも掃除以上に大切です。「きれいになって気持ちがいい」と、参加されたホームの3人の方が、松葉でいっぱいの6袋を片付けで下さいました。 8時前:小学校の門前へ。栄楽会の会員として挨拶運動に参加。
 11時〜13時:岩田校区市民館へ。わらの会主催の「にほんご教室」午前と午後の部を見学。少人数で、真剣に学んでいらっしゃる様子から、文化を伝える力は、求め・求められる関係で生まれることを思いました。
 17時:予約がとれたので、かかりつけ歯科に急行。痛みはありませんが、チェックを兼ねて。
 19時:おやこ劇場の班会を事務所で。先の例会の感想、劇場活動のあれこれ、まもなく近づく総会についてなど、積もる話を。子育ての頃からの仲間との話し合いなので、孫育ても話も加わって。

●10月6日(火)雨
 午後:福祉教育委員会管内視察。「ら・ばるか」「笑い太鼓」「フレンドハウス」を視察させて頂きました。どの施設でも皆さんに笑顔で歓迎していただきました。短時間の訪問でしたが、いつも情報が切れずに届く市内の施設の「今日の課題」を、委員の皆さんと共有・確認できた意義は大きいと思います。それぞれのテーマに沿った提案につながることを願っています。
 夜:わらの会例会に参加。

●10月7日(水)台風18号接近。
 市役所周辺の所要を済ませて、あいちネットの会合参加のため、一色町へ。廃棄物処分場問題全国集会(in水俣)の報告として、水俣市民の皆さんが最終処分場反対派市長を誕生させ、「環境アセス」により業者が撤退!との情報には拍手喝采。今後注目すべき問題は最終処分場跡地からの有害物流出にありとの言葉を重く受け止めました。
 ■お知らせ:10月31日高木基金 第2回 ごみ処分場・ごみ処理施設問題公開研究会にご参加下さい。
 詳細は http://www.takagifund.org/activity/2009/gomi2.html

●10月8日(木)台風18号東三河に風による大被害を残す。
 朝:時折突風が吹く中を自転車で見回る。倒木、空き小屋や塀の転倒、回転したビンカンボックス・・・・など。南部の停電は午後まで、一部地域では夜も。
 午後:車の中から見た、なぎ倒された公園や学校の大木。長時間にわたり、幹や葉や根っこに、信じがたいほどの風が吹付けたことがわかります。被害にあわれた皆さまにお見舞い申し上げます。
 夕方:市役所で秋の視察日程を調整。東北と関東を中心に計画中。

●10月9日(金)晴れ
 午前:家庭館のフェスティバルを楽しむ。手作りコーナーで雨傘を再利用して作られた「草取り用膝下カバー」や「腕カバー」をゲット。台風から一日。参加できることに感謝。
 午後から夜:ホームスタートジャパンの推進委員3名の方を東京・関西からお迎えした講習会と諸会合に参加。「ボランティアによる家庭訪問事業」に関心をもつ皆さんと情報収集を始めて3年目。これからまだ準備には3年はかかる覚悟で迎えた今日。新らしい出発の日となりました。

●10月10日(土)晴れ
 今日は一日事務所です。町内のお祭りで賑わっています。午後は来客が続きました。豊橋市の図書館の今後について、丸テーブルを囲んで、ホットな話し合いができました。



▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2009年09月20日

涼しくなって助かりました。

9月19日(土)

■午前 
 久々に自宅の台所に立つ。我が家に着いてからもう4日たつ、箱に入ったままの野菜のことがず〜っと気になっていました。伊吹下ろしが吹き込む故里で無農薬だからと自慢する母が送ってくれる定期便。
 委員会日程が5日連続した毎日のお弁当は、冷凍おにぎり二つを暖めている間にランチバッグに入れるものを決めます。調理の時間はとてもとても。
 よかった・・・!このごろ涼しくなったこともあり、野菜はほぼ健在でした。さっそく枝豆を大鍋で茹で、ししとうは醤油だけで佃煮にしました。なす、きゅうり、おくらはもうちょと待ってもらいます。
 今週の新聞の山を読み終えるころにはお昼になりました。

■午後
 環境フェスティバルにいつも出展する「大根プロジェクト」の展示内容決める会合に参加のため、事務所に。2001年(H13)に「衣装ケースによる生ごみ処理」を新聞報道で知り、三重県に出かけて情報収集後、地域で実際にケースによる生ごみ処理の活動を開始。2003年(H15)からは環境フェスティバルに参加しています。今年の発表内容と「手作りお楽しみ」もほぼ決まり、ほっとしました。
ぜひ26日土曜日は市役所前の広場で行われる環境フェスタにお越し下さい。

詳細はこちらのホームページをご覧ください。↓

*「ごみゼロのまち環境フェスタ」
http://www.530.toyohashi.aichi.jp/09kankyoufesta.html


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2009年09月19日

会釈する青少年のまち

 私の事務所の近くは国道259号線と渥美線が平行して走っています。保育園、小学校、中学校、二つの高校、大学が隣り合っていますので、学生さんが多いまちです。
 夕方、近くのパン屋さん(オーナーさんの粋な計らいで高校生のサロン<土間と日本間とベンチ>となっています)で買い物を終えて事務所に戻る途中、259号線で信号待ちをしていました。自転車が通りかかりましたので、私はちょっと後に下がりました。するとその青年は私の前を会釈して通り過ぎて行きました。
 259号線を渡るとすぐ踏み切りです。車道のみで、とても狭く、危険です。そこへ高校生のグループが自転車でやってきました。私は立ち止まり、彼らを先にと、待ちました。ひとり、ふたりと次々に会釈しながら走り去って行きました。
 わずか5分ほどの間に、私は5人もの青少年の会釈を受け、とてもほっこりした気持ちになりました。
 このまちでは、これまでにも感心したことがあります。それは横断歩道を渡る小学生が、大きな声で挨拶しながら、会釈をした姿を見たときです。こどもの会釈ってなんて素敵なんだろうと思いました。
 「0.5の挨拶」である会釈は、コミュニケーションを豊かに育む始まりであると思います。「会釈」とともに、「どうぞ」「どうも」「ありがとう」が行きかうまちが私の誇りです。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2009年08月29日

期日前投票の流れの中で

 衆議院選挙投票日まであと一日となりました。
市役所に行くたびに、地下1階で、期日前投票場から戻る方に出会うことが増えてきたような気がします。ことに小さい子どもさんを連れたパパ・ママの姿を見るたびに、「選挙」が生活の中に根付き始めていることを思います。子どもたちが政治に関心を持つ、その第一歩が家庭で育まれるプロセスを大切にしたいと思います。この暑さゆえか、さすがに高齢者の方々の姿は見かけません。
 身近な選挙の場合、近隣の投票場では、町内の方に見張られているような気がするので、市役所の方が気楽でいいと話された方々のことを思い出しました。さてさて、8月30日はどんな雰囲気でしょうか。私は投票日に指定された投票場で投票することにしています。
 今日届いた週刊金曜日の63ページの論争「政権交代への最後の関門『期日前投票箱のすり替え』を防げ」を興味深く読みました。書かれていることがスンナリ理解できます。そして、日本のどこかで、起こりうるかもしれないリスクについて考えています。
 ルポライターの雑賀次郎さんはこの「論争」の終り部分で、「公職選挙法第62条によって、候補者を出した陣営が出す開票立会人は選挙管理を監視し、選挙の公平を期して選挙管理の方法を指示することもできる。」として、2点提案されています。期日前投票率の向上により、今後こうした手順は必要になると思います。
 出会う人との挨拶がわりに投票率が話題になる毎日。今回はそれに加えて、最高裁裁判官の国民審査についても具体的な判例情報が新聞で紹介されたこともあり、とても身近になった気がします。
 今回の選挙が、30日までのブームで終わらずに、毎日の生活の中で「政治」が語られるようになることを願っています。
 夕食の献立のように政治が家庭で話題になるには、衆議院議員選挙後の9月定例市議会が重要な役割を持っていると考えます。一般質問や決算審査に、今まで以上に、心をくだく覚悟です。


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム

2009年08月28日

9月議会日程:虫の音付き

8月28日(金)
 9月議会の日程が決定しました。
着々と日は近づいてきます。夜、事務所に戻りますと、元気なこおろぎの音が事務所の隅から響きます。なんとまあ、自然がいっぱいの事務所でしょうか。表通りに沿って、みかんの木をはじめとして、草花の鉢がならんでいるため、秋の夜長に向ってゆっくりと滞在中? 
9月議会直前ですが、市役所7階の議員控室は、静かです。「衆議院選挙で大忙しでしょう」と、皆さんから問われますが、政党に所属していない私は、一般質問準備のために市役所に出かける機会が増えてきました。
 
<9月議会日程>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆

8月31日(月)議会運営委員会(召集告示日)

9月1日(火) 請願・陳情締め切り
  2日(水) 一般質問通告締め切り
  4日(金)  議運
7日(月)〜8日(火)〜9日(水)本会議<一般質問>
 14日(月) 常任委員会
15日(火) 常任委員会
 16日(水) 一般会計予算特別委員会
17日(木) 決算特別委員会
 18日(金) 決算特別委員会
 24日(木) 決算特別委員会
25日(金) 決算特別委員会
 29日(火) 議運
 30日(水) 本会議(最終日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆
 


▲トップページへ戻る
posted by 渡辺のりこ | コメント(0) | 日記・コラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。